たるみ解消法!美肌・美顔イメージ

表情筋を鍛える

表情筋とは、表情をつくるときに動く顔全体の筋肉のことです。ふだんから表情に緊張感をもつだけでもシワ・たるみ予防になります。

表情筋とは

表情筋とは、表情をつくるときに動く顔全体の筋肉のことです。からだのほかの筋肉(骨格筋)と違うところは、骨ではなくて皮膚についていることです。そのおかげで、豊かな表情をつくることができます。しかし、それだけに、表情筋がたるむと皮膚もいっしょにたるんでしまいます。

表情筋を鍛えてたるみ予防!

たるみ予防に低周波美顔器!顔には20種類以上の「表情筋」があります。筋肉も皮膚と同様、ほとんどがコラーゲンでできているので、年齢とともに、とくに30代後半くらいからたるんできます。とくに二重あごや口角の下がらは、筋肉のたるみと関係しています。二重あごや口角の下がらなど、フェイスラインのたるみ予防のトレーニングには、低周波美顔器や、市販の口にはさむタイプの器具を使うのがおすすめです。これらであれば、表情ジワを深めずに筋力アップができます。また、表情筋エクササイズなど表情筋を鍛えるトレーニングは、ある程度有効なので適度に取り入れるとよいでしょう。

普段の表情に注意!

普段の表情に注意!普段の表情に緊張感をもつことは非常に大事な事です。口をポカンと開けているのと、きちんと口を結んでいるのとでは、筋肉のたるみが違ってきます。あごや首のラインも、ふだんからきちんとした姿勢でいる人は美しいものです。鏡の前では、人は自分の好きな顔をつくってしまいます。ふだんの何気ないときにこそ、ぶすっとした表情や、だらしのない表情をしていないかチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ